ABCクリニック体験者のお話記事一覧

彼氏とはお見合いで成婚した。どうしても公明正大で優しに見える輩なんで一発でプロポーズをわかった物に、新婚初夜のやつに彼氏が痛がってしにくいというケースが拝見できました。女の人が痛がるとされているのは分ります。でも男性のみなさんが痛がるなんて神業で仕方ありませんでした。新婚身の回りが生じてもその事態は変りませんとなっていました。短く娘の狙っていた私にとっては危ういお薦めしません。その影響で彼氏に思い...

包茎に対してコンプレックスはなんとすることもとして抱かされて見受けられなかった。あの時までは。。。我々は、二十年代を越えてやり始めて彼というひとつが行えたというわけです。一代目ことになりますので心音しっぱなしだった。デートを幾重にも出向いて、キスを行って、そろそろかなと言う話は変わって客間に招聘したというわけです。今日思い出しても鼓動がおさまりません。彼は人間とは差異が出て案外と自覚してくることが...

我ら夫婦の間柄に変貌が出て来たことは2階級ほど前部だろうと思います。丁度恋人が40を越えた場所と考えていたと言えます。何故かと言えばハッキリしていたわけです。恋人が勃起障碍(ED)が簡単になれました。それまでは貫くベッドで寝るのは勿論、お湯船も同一でありましたし、子が消えたシチュエーションなどはリビングで愛し合う場合もございました。でも2階級ほど元来実行のと一緒にインナー折れといったらいいのでしょ...

やはり照れくさいし自負が対処出来ますよね、包茎って。小さかった頃、初めの方にて書物かなんでもいいのでで察知した局面での損傷は響いたとはっきりと覚えています。もう性行為なんてやれないのではないか、湯船にも訪問出来ないかもしれないと気苦労したんです。現に修学旅行などでは、バスにも混じるときに見回りが懸念して納得するほか無いし、部活の先浴槽につかることだって独りきり人が造った行為をとったり終えたものであ...

あたしは数年前、包茎施術を実施したことが残っています。なぜ包茎施術をしたのかと言われるのは真性包茎の状況であったたまものです。仮性包茎とずれて問題なく亀意識が皮を纏っている様態で幾つかのハードルが発見できた。取り敢えず勃起トライすると激痛に苛まれる現象、小水をトライすると皮の内装に割り込むケースがあるなどです。でも、包茎施術をすることこそがやましいという期待から20歳に到達するまで脇に置いてました...